FAQ

ドキュメント情報
製品名:全ソフト共通のよくあるご質問
文書番号:15748
最終更新日:2016/10/17
質問
隠しフォルダーの表示方法
答え
隠しフォルダーの表示方法はWindows OSによって異なります。
お使いのパソコンのOSをご確認の上、以下の設定をお願いいたします。

※設定詳細につきましては、マイクロソフト様へのお問い合わせをお願いいたします。

【Windows 10の場合】

 1.[スタート] ボタンの画像 を右クリックし、
  [コントロール パネル]、[デスクトップのカスタマイズ]、
  [エクスプローラーのオプション]の順にクリックします。
 2.[表示] タブをクリックします。
 3.[詳細設定] の [隠しファイル、隠しフォルダー、
  および隠しドライブを表示する] をクリックし、
  [適用]→[OK] をクリックします。


【Windows 8の場合】



 「表示」タブをクリックします。



 「隠しファイル」にチェックを入れます。
 隠しフォルダーの「ProgramData」が表示されました。




【Windows 7の場合】

 1.隠しフォルダーが表示されていない状態です。
 2.「整理」→「フォルダーと検索のオプション」をクリックします。
 3.フォルダーオプション画面が表示されますので、
  「表示」タブをクリックします。
 4.詳細設定の項目内の
 「隠しファイル、隠しフォルダーおよび隠しドライブを表示する」を
 クリックしてチェックを入れます。
 5.「適用」→「OK」をクリックします。
 6.「Program Data」フォルダーが表示されました。




【Windows Vistaの場合】

 1.隠しフォルダーが表示されていない状態です。
 2.「整理」→「フォルダと検索のオプション」をクリックします。
 3.フォルダオプション画面が表示されます。
  「表示」タブをクリックします。
 4.「すべてのファイルとフォルダを表示する」を
  クリックしてチェックを入れます。
  「適用」→「OK」をクリックします。
 5.「Program Data」フォルダーが表示されました。




【Windows XPの場合】

 1.隠しフォルダーが表示されていない状態です。
 2.「ツール」→「フォルダオプション」をクリックします。
 3.フォルダオプション画面が表示されます。
 4.「表示」タブをクリックします。
 5.下にスクロールします。
 6.「すべてのファイルとフォルダを表示する」を
  クリックしてチェックを入れます。
  「適用」→「OK」をクリックします。
 7.「Application Data」フォルダーが表示されました。